コンテンツ

洋式のトイレのつまりの直し方の基本とは

洋式タイプのトイレのつまりをどうやって直したらいいのか、その方法は色々あります。市販されている一般的なラバーカップ、そのほか真空式パイプクリーナー、さらに専用のワイヤーといった方法を駆使することになります。専門業者に依頼するのが確実であるものの、洋式トイレのつまりを自分で直せるものなのか考えてみるのもいいでしょう。

■基本的な使い方について

ラバーカップの使い方はゴムの中の空気を抜くように便器に押し当てます。ゴムの中の空気を空にしてから便器から一気に離し、詰まりが解消されなけえればこれを繰り返します。もしも真空式タイプを使用する場合は、サイズが大きめのカップにしたほうがいいです。ハンドルを押した状態で便器に押し付けるようにし、ハンドルを引っ張ることによって効果を発揮します。専用のワイヤーの場合は圧力をかけるのはNGです。使い方が分からない場合は無理にやろうとするとトラブルが大きくなるので気をつけましょう。

■適した道具がなくてもできる対処法

洋式のトイレのつまりの解消に適した道具がなくても、できる対処法もあります。ワイヤーハンガーを使う場合はまず形を整え、先端を便器の排水路に入れるようにしましょう。割りばしを活用する方法もあります。

■まとめ
これらを実際に試してみても解消されない場合は専門業者に依頼するのが望ましいです。自力でトラブルを解消できる場合もあるものの、大掛かりな作業が必要となる場合もあることを覚えておいた方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ