コンテンツ

和式トイレのつまりの原因と直し方について

和式トイレは洋式トイレと比べるとつまりが起きることは多くはありませんが、何が原因でトラブルが起こるのかはもちろん、自分でどうやって直すかといった点を加味する必要があるということも頭に入れておきましょう。

■こんな行動には気を付けて

和式トイレがつまる理由は、流すべきでない物を流したためです。使用済みの紙おむつなど吸水性のあるものや、トイレの掃除クリーナーなどを流してしまうのはNGです。水に溶けるものは大丈夫という認識をされる方もいるものの、あくまでも強い水流で細かく砕き流しているだけに過ぎません。余計なものを流さないように心がけるのが基本中の基本となります。

■トイレが流れにくい時は何をすべき?

もし和式トイレがつまり自分で直す場合は、ラバーカップを使うのがオススメです。便器の奥に引っかかっている異物が外れて出てくることもあります。応急処置を行っても、つまりが解消されない場合は、別の原因であることも視野に入れた方がよいでしょう。その時は詰まりを直せたように思っても再び詰まる可能性もあるので、万が一のために専門業者へ相談するのがよいでしょう。

■まとめ
紙おむつやトイレ用のクリーナーは、つまりを起こしやすくするため流してはいけません。一度に大量の物を流さないのも、和式トイレをつまらせないポイントとなります。もしトイレがつまった時は、ラバーカップを使って応急処置すればよいですが、改善できない場合は別の原因を疑ってみるのが望ましいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ