コンテンツ

トイレのつまりの原因はリフォーム?節水型の弱点について

リフォームをきっかけにトイレを節水タイプにかえたとき、トイレの水が流れにくいとか詰まりやすいというトラブルが起こりやすくなる場合があります。排水管 水漏れであることを疑う方もいるでしょう。節水タイプはどのような特徴を持っているのか知ることで、適切な対応を行うようにしましょう。

■サイフォンの原理について

洋式水洗トイレはサイフォンの原理によって汚物も水も流れていきます。通常の範囲内での使用であれば問題が起こることはほぼありません。ところが、このとき流す排泄物の量が多すぎたり、使ったトイレットペーパーの量が多い場合は、流すものに対して水の量が少ないため流す力が弱く、詰まりやすくなってしまいます。この場合は一度に多量に流すのではなく、何度かに分けることで詰まりづらくなります。トイレの詰まりトラブルがしょっちゅう起こるという場合は注意してください。

■排水管の交換はおおがかり

節水タイプのトイレでつまりが起こる場合は、排水管の配置が節水タイプのトイレとの相性が悪いかもしれません。これまでのトイレでは問題なく使用できていたというようなケースでは、元に戻すことで解決できます。また、排水管を丸ごと交換するという方法もあります。しかし、大掛かりな作業が必要となる場合もあるため、現実的にはあまり選択できるとは言い難いです。

■まとめ
トイレのつまりトラブルが起こる原因は様々ですが、リフォームが関係する場合もあります。リフォームを行う前には、便器の設計と建物内に巡らされている排水管の配置をしっかりと確認し、リフォームによって問題が起こらないか専門業者に相談することも視野に入れた方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ