コンテンツ

トイレの便器のつまりはラバーカップをまずは試すべき

トイレの便器本体でつまりが起こった場合は焦らずに適切な対応をしましょう。まずはトイレの便器本体のつまりを直すためのアイテムであるラバーカップを試してみてください。そのうえで排水管 水漏れなどの恐れもあることを踏まえて修理屋さんへ連絡を入れてください。

■作業前の準備について

ラバーカップを使用して問題を解決する前にはまずは必要な準備を怠らないようにしてください。透明のビニールシートを用意し、周囲に水が飛び散らないようにします。次にラバーカップを使ってつまりを取り、バケツで水を流しましょう。これらの作業でトイレの便器本体のつまりが直らない場合はなにかが混入している場合や、部品の経年劣化といった可能性があります。

■被害拡大を防ぐのが第一

ラバーカップでトイレの便器本体のつまりを直す方法は一般的であるものの、まず被害拡大を防ぐことを忘れてはなりません。ラバーカップを使用してもどうにもできないと判断した場合は専門業者に依頼することを念頭に置いた方がよいといえます。さらに、ラバーカップを使用するならつまりを押し流すのではなく、引き出すことをコツとして覚えておいてください。

■まとめ
トイレの便器本体のトラブルはラバーカップの使用で解決できることも少なくありません。しかし、確実に解消できるかどうかは別問題です。さらに深刻な問題が発生している可能性も考えた方がよいでしょう。専門業者に依頼することも視野に入れるべき理由となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ