トイレのつまりの症状や原因を見つけ出す術

トイレのつまりの症状や原因を見つけ出す術 突然トイレの水がつまったとき、緊急性の高い問題現象と認識した方がよいでしょう。なぜなら、生活を送るうえで絶対に使うものであるためです。そして、自分で対応するか専門業者に依頼すべきかを考えるのが望ましいです。どちらを選択するにしてもまず症状や原因を見つけることが肝心となります。排水管 水漏れなどの自分ではどうにもできない可能性もないわけではありません。トラブルの原因をハッキリさせることができたら、素人でもどう対応したらいいのか改善法を見つけやすくなります。

■トイレのつまりを判断する方法

トイレのつまりのトラブルが起こる前に何かがおかしいと感じることがほとんどです。タンクの中はいつも通りのはずなのに、便器本体の中で流れ出る水が何かおかしいという場合はトラブルの予兆である可能性が高いです。排水管に異物が混入している可能性を考えるのがよいでしょう。水を流したあとに水の位置が高いときは、排水管の中で詰まりトラブルが起きていることが考えられます。タンクからの水流が少ない場合はゴムフロートの交換を視野に入れましょう。いつもは聞こえてなかったはずの音が聞こえるときはトラブルが起きていると考えられます。

■異物とつまりやすい箇所について
トイレのつまりの多くは、管の中で何かが詰まっていることで起こるトラブルです。多く流してしまったティッシュペーパーや、スマートフォンなどのトイレの水には溶けなくて流れないというものを落としてしまったときは、それらを取り除くためにラバーカップを使うこともあります。しかし、どうにもできない場合も少なくありません。専門業者に依頼する方法が望ましいといえます。見た目で水位の変化が見られないときや、固形物が詰まっていると考えられるときなど、これらに思い当たるようなら自力で直すのは困難と判断できます。

■被害を最小限に抑えるために

トイレのつまりは対応を間違えると被害が拡大してしまう恐れもあります。そのため、まずは被害拡大を防ぐことを考えるのが肝心です。被害拡大の可能性が高いと判断される場合は専門業者に依頼しましょう。見積もり依頼をするだけなら無料で対応してくれる専門業者もあります。業者に依頼をすれば30分程度で直る場合も少なくありません。自分で対応した方が費用はかからないものの、間違った対応をしてしまう恐れもあります。特に近隣にトイレを借りられる施設がない場合はスピーディーな対応が求められるため、まず専門業者に相談をしてみるのがよいでしょう。また、改善するにあたっての必要な道具が用意できていない場合もあるはずです。ホームセンターなどに足を運んですぐに購入ができるものの、早朝や深夜の場合は対応が難しくなってしまいます。このように、さまざま状況から考えて適切な対応を選択することも大切です。自分で何度か改善をしたことがあるとともに、以前とまったく同じ症状であるのなら対応はしやすいかもしれません。しかし、実はまったく別の原因である場合も考えないといけません。

■まとめ
トイレのつまりの症状や原因を見つけ出すのはそう難しくはありません。もしも水の位置が変わらないときや、水に溶けないものが流れてしまったときは自力でトラブルを解消するのは難しいです。前兆が出ていないかどうかもしっかり定期的に確認をしておいた方がよいでしょう。専門業者に依頼することで費用がかかってしまうものの、スピーディーにかつ確実に改善を図れるのが大きいといえます。トイレはカーブを描いた構造になっているため、水や物が詰まりやすいです。日頃から詰まらせないために、トイレットペーパーの量を減らす、流す水を増やすといった予防が大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース